FC2ブログ

memory of children

FFシリーズ文字サイトです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の名残を残したままにするな。

サイスコで夏のお題




風が窓から入り込む涼しい風。
夏が過ぎ去り、秋の風が心地良い。
今日は休日となっているスコールは、自分の部屋で雑誌を読んでいた。
さわさわと優しい風が入り込む窓を見上げ、微かに両目を細めた。



コーヒーを飲もうと湯を沸かそうと部屋を出ると、サイファーが雑誌を顔にのせてソファで横になっていた。
どうやらすっかり熟睡してしまっているようで、スコールはそれをちらりと横目で見つつ、カップに湯を注いだ。
簡単なインスタントコーヒーが出来上がると、目覚ましには程よい苦さが脳を刺激する。
規則的に上下する胸板を見つつ、いつの日かこのコーヒーを頭から浴びせてやろうと目論みつつ、読みかけの雑誌が待つ部屋に戻ろうとして、ふと気付いた。
窓に引っ掛かる程度につり下げられた夏の名残。
風に揺られて涼しげな音が鳴る。
既に夏も過ぎ去った今のこの時期には少しこの音は涼し過ぎる。
スコールはコーヒーの入ったカップを近くのテーブルに置くと、窓辺のそれをすぐに取り外した。
それをどうするかというと、スコールはそのままサイファーの部屋に勝手に入り、窓を開けて今し方取り外した夏の名残をつり下げた。

そしてそのままカップを再び手にして部屋に戻っていった。


「なぁスコール、夕飯どーする?」

「なんでもいい」

「それが一番困るんだっつーの…まぁいいや、適当に作る」

夕日が部屋を照りつける時間を過ぎ、部屋には明々と電気が点けられる。
サイファーがスコールの部屋に顔を出してそんな会話をしたのは1800時頃だった。
それからどのくらいの時間が経ったか、再びリビングに呼ばれたスコールは部屋の扉を開いて偶然視線を向けた。
『あるもの』を目撃し、とてつもなく嫌そうな顔をしたスコールに、サイファーは「どうした?」と訊ねる。

「…おい、これはどういうことだ?」

「ん?ああ、それか、持ってきた」

「俺はちゃんと取り外したのになんでそういう事するんだ、あんたは」

「なんでだよ、いいじゃねーか。俺それ好きだし」

「今の時期に合わないだろ…」

未だにぶつぶつ文句を言うスコールを椅子に座らせ、やっとディナータイムだ。

「…秋なんだから、夏から頭を切り替えろよな」

「ま、そうだな。秋も秋で悪い事はねぇしな」

「…その基準がわからないけど」

文句を言いつつも話をさり気なく聞いている様子のスコールの耳には、今でも風で揺れて涼しげな音を鳴らすそれを聞いていた。












「知ってたか?窓辺に風鈴つるすと幽霊が寄ってくるらしい」

「お前…それどんな嘘だよ、笑えねー」

「俺が嘘ついたこと、あったか?」

「………」


おまけつき。
『夏で10のお題:風鈴』



2008.10.09 (c)rlrl.

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moc20.blog86.fc2.com/tb.php/13-9d2daaad

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

rlrl

Author:rlrl
ジャンルは…FFIV(TA含)・FFVII・FFVIII・FFIX・DFFとなります。
(女性向けが多いのでお気をつけ下さい)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

about link (1)
業務連絡 (1)
FFIV(全般) (2)
FFIV(超短編) (2)
FFIV(CC短編) (15)
FFIV TA (3)
FFIV(パラレル) (6)
FFVII(ZC短編) (3)
FFVIIAC(全般) (1)
FFVIII(SS短編) (2)
FFIX(全般) (10)
DFF(全般) (3)
未分類 (0)
DFF(CP物) (5)
DFF(現代パロ) (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。