FC2ブログ

memory of children

FFシリーズ文字サイトです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どんな結末が待っていようとも

ガーネット断髪イベント後?




ぼくはおじいちゃんに拾ってもらってから、今日まで外の世界の事なんて考えたことなかった。
ぼくの世界はいつだっておじいちゃんと、おじいちゃんの教えてもらった事と、おじいちゃんと暮らす家の中だけだったんだ。

でも、あの日ぼくがアレキサンドリアに来なかったら、
あの日ぼくがパックと一緒にお芝居を見に行かなかったら、
あの日ぼくが間違えて魔法を唱えてなかったら、

一体どうなっていたんだろう?

でも、わかることは。

ぼくはあのまま、自分のことも知らないである日ぴたっと止まっちゃってたって事なんだ。



ある日ビビはじっと水溜りを眺めていた。
自分の顔が映りこむ水溜りを、大きな黄色い目がぱちぱちと瞬きする。

「ビビ、なにしてるの?」

そんなビビに声を掛けたのはガーネットだった。

「水溜りができてるのね、昨日の晩に降った雨でできたのね」

「あのね、おねえちゃん…」

「どうしたの?」

ガーネットはビビの隣にぺたりと座り込み、もじもじしているビビの言葉をじっと待っていた。

「おねえちゃんは…ぼくのことどう思う?」

「どうしてそんな事聞くの?」

「えっと…ぼくね、クジャに造られた仲間を見てて思うんだ、”みんなぼくの事怖くないのかな”って。だって…ぼくもみんなと一緒だから…
それで、もしぼくがクロマ族のみんなみたいに自我に目覚めてなかったら…そう考えると、自分が怖くなっちゃうんだ……」

ビビはあまりにも多くの仲間の犠牲と、多くの人にしてしまった過ちを見てしまった。
確かにそんな不安はあるかもしれないが、ガーネットは優しく微笑んで言った。

「ビビは私達の大切な仲間だし、友達でもあるの。だから…怖くなんてないわ。
今までビビにはたくさん助けてもらったし、私が落ち込んでる時だってビビは心配してくれたでしょ?
ジタンも、エーコもフライヤもクイナも、サマランダーやスタイナー…みんな私と同じ想いよ」

「…うん…ありがとう、おねえちゃん…」

ビビは恥ずかしいのか、照れているのか、再びもじもじしながら小さい声でそう言った。

「あれ?ダガーとビビなに話してんだ?」

「あらやだジタン、プライベートな話よ?私とビビだけの。ね?ビビ?」

「え、えっと……」

「何だよそれー、俺仲間ハズレとか!?」


楽しそうに笑うおねえちゃんは、本当に楽しそうで。ジタンも笑ってる。
おねえちゃんはちょっと前に長い髪を切っちゃったけど、ぼくは今のおねえちゃんの方が良いと思うんだ。
だって、おねえちゃんずっと悲しそうな顔してたんだもの。

ぼくは笑ってるみんなの顔が好き。
今はとっても大変な時だけど、こんな時間が続けばいいな、って思っちゃうんだ。

進む道への選択肢はいっぱいあるけど、ぼくはこの道を選んだ。
真実を見つめて、その先の未来を見つけるために。
雨が降ってその後晴れるように、ぼくも今は晴れるために一生懸命雨を降らせているところなんだ。
雨が降ってお日様が出てきたら、そこには新しい命ができる。
だから、ぼくも何かを見つけるよ。
つらくても、悲しくてもだいじょうぶ。
だって、ぼくを『仲間』だって言ってくれるみんながいてくれるから。

ぼくは、水溜りに映るぼくに向かって手を振って、ジタンが呼び方へ走っていった。





2008.11.04 (c)rlrl.

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moc20.blog86.fc2.com/tb.php/23-f8587838

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

rlrl

Author:rlrl
ジャンルは…FFIV(TA含)・FFVII・FFVIII・FFIX・DFFとなります。
(女性向けが多いのでお気をつけ下さい)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

about link (1)
業務連絡 (1)
FFIV(全般) (2)
FFIV(超短編) (2)
FFIV(CC短編) (15)
FFIV TA (3)
FFIV(パラレル) (6)
FFVII(ZC短編) (3)
FFVIIAC(全般) (1)
FFVIII(SS短編) (2)
FFIX(全般) (10)
DFF(全般) (3)
未分類 (0)
DFF(CP物) (5)
DFF(現代パロ) (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。